ヒップシートは2歳からがおすすめ!抱っこが楽になり使い勝手もいい!

子育てグッズ

色々なことができるようになってきた1、2歳児。

外出時に抱っこ紐には入りたくない!でも、抱っこしてほしいとごね始める頃です。

ずっと腕で抱っこするのは大変ですよね。

 

そんな1、2歳児にヒップシートはいかがでしょうか。

そもそもヒップシートとは何だ?と思っている方もいるでしょう。

そんなあなたに、ヒップシートとはからオススメの商品までご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ヒップシート抱っこ紐との違いとは

抱っこ紐と同じ分類に入りますが、大きく違うのは腰に台座がついているところです。

抱っこしたときに、そのまま台座にお尻を乗せると腕への負担が少なくなります。

手軽に抱っこできるため、ちょっとした買い物やお散歩にオススメのアイテムです。

 

その中でも人気の高い3点をご紹介いたします。

 

 

 

ヒップシートキャリア折りたたみ ヒップシート抱っこ紐 Bebera

 

デイリーランキング1位を受賞しとこともある人気商品!

 

新生児期から3歳まで使用可

新生児期から使えるのはいいですね。

4WAYということで、対面、前向き、おんぶ、ヒップシートとして

使用可。

腰ベルトは360度太めの仕様で腰が痛くなりにくい

 

カラーバリエーションは4色

よだれカバー、日よけカバー付き

ヒップシートには小物が収納可能

 

2歳くらいまでは抱っこ紐として使用して

抱っこ紐は嫌!となったらヒップシートのみで使用するのが良いかと思います。

 

ヒップシートのみの販売もありますが、抱っこ紐としても長く使用したいと

方におすすめしております。

 

ヒップシートのみはこちら

 

 

 

口コミでは

座面の低反発クッションが柔らかくていい、安定感がある

・ヒップシートがたためる

・ヒップシートの中に哺乳瓶が入る

腕に負担がかからず腰もほとんど負担がかからず楽に抱っこができ感激

(引用:zakzak)

と星平均4,56と高評価です♪

抱っこ紐として使用時にメッシュ仕様にできるため、夏場も群れにくく

赤ちゃんもご機嫌ですね。ただメッシュ仕様にすると日よけカバーを収納するところがなかったり日除けカバーをつけるとよだれカバーがつけらないと不便な部分はあります。

 

 

 

 

 

POLBAN BASIC 日本の抱っこ紐メーカー

腰がすわってから(7ヵ月頃)~36ヵ月(体重約15kg)まで
別売りのダブルショルダーを使うと首がすわってから(4ヵ月頃)から可能

乗せるだけで使えるため、抱っこしたり歩いたりを繰り返す2,3歳におすすめ

腰ベルトのみのため装着は楽ちんです

 

カラーバリエーションは9色

落ち着いた色合いもあるため夫婦で共有できますね。

フロントファスナーがあるためタオルなど小物が収納可能

靴も収納可能だそうです!

 

 

口コミでは

・2歳で12キロの子どもを抱っこするために購入。買い物の荷物を持ちながらの抱っこも楽勝です。・公園にも、さっと行ける

・歩きたい、抱っこしたいの繰り返しだったので、御守り代わりに購入しましたが、予想よりもはるかに使い勝手が良い

・小さい財布なら楽に入るし、サイドポケットにも小物が入る

(引用:ラッキーベビーストア)

 

 

やはり耐重が重くなり、抱っこや歩きたいを繰りかえす2歳ごろにおすすめのようですね。

ただ、別売りの部品を買い足さないで使用する場合は腰のみでささえるため

長時間の抱っこには向いていないようです。

 

ヒップシートととして使わなくてなってもウエストポーチとしも

使えるため、長く使えそうですね♪

 

 

 

 

ヒップシートおすすめ安い!kerataは重さはなんと303g!

 

 

3カ月~15kgまで

ウエスト最大90cmまでベルト調節可能

3WAY前掛け、横掛け、ストラップなしと装着の仕方を調整可能

ショルダー掛けにできるため腰への負担を分散でき、快適に抱っこできます。

腰ベルト内側のおなかに当たる部分はクッション仕様になっているので、ママパパのお腹への負担を軽減

シート座面に滑り止めがついているため、赤ちゃんが滑らず安心

 

 

こちらは今まで紹介した2点よりも価格がやすいため、気軽にためしやすい

商品となっております。

ヒップシートが初めての方はもちろん、2個目としてもオススメです。

 

口コミ

・装着もベルトを巻くだけで簡単で、軽く支えるだけで抱っこが出来るので負担が全然違う

・ヒップシート自体、とても軽いです!持ち運びも苦にはならない

肩ひもがあるので長時間は楽です、使わない時に垂らしていても邪魔になりません

・安定感があり、のせたこどもに片手を軽く添えるだけで良いのでもう片方の手で作業できる

(引用:kerata)

 

 

ただ人によっては恥骨の食い込んで痛いこともあるようです。

 

 

 

最後に

3点ご紹介させていただきましたが、他にもたくさん種類はあるので

機能面や金額面で自分にあったヒップシートが見つかるといいですね。

もちろんヒップシートは育児に絶対不可欠!というわけでもないので、

ちょっと試してみたいということであれば価格の低い商品で試してみるのも

良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
子育てグッズ
hoshinoakariをフォローする
これいいな♪あれもいいな♪
タイトルとURLをコピーしました