赤ちゃんに日焼け止めは必要?日焼け止めを塗りたくないママ必見!日焼け対策グッズ

子育て

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

 

紫外線の強い時間に出かけるときなど、ママは日焼け止めを塗ると思いますが、赤ちゃんの紫外線対策として、日焼け止めはどうしたらいいのでしょうか。

 

赤ちゃんも使える日焼け止めが出ているものの、日焼け止めを赤ちゃんの肌に塗ることに抵抗のある方もいると思います。

 

今回は、赤ちゃんにとって日焼け止めが必要なのかどうか、日焼け止めを塗らずに紫外線対策するにはどんなものを使ったらいいのかについて、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

Amazonプライムデー

6月21日0時〜22日23時59分

エントリーはこちら

楽天お買い物マラソン

6月22日20時〜6月26日1時59分

半額クーポンや半額商品盛りだくさん!

エントリーとクーポンはこちら
↓↓

0と5がつく日はポイント5倍!
楽天での買い物がお得♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?

 

赤ちゃんはとても肌がデリケートです。

 

身体の皮膚が大人の3分の1ほどだと言われていて、大人よりも紫外線の影響を大きく受けます。

 

紫外線を浴びすぎることで、皮膚がんのリスクが上がったり、皮膚の老化が早まってシミやシワができやすくなったりするそうです。

 

骨を作るためには、紫外線を浴びた方がいいという情報を見たことがあります。

 

これは1日15分ほど手の甲に紫外線を浴びただけでも骨が形成されると言われているので、長時間浴びる必要がないことが分かります。

 

そのため、赤ちゃんのうちから紫外線対策が必要です。

 

しかし、先ほども書いたように赤ちゃんは肌が弱いため、日焼け止めも肌の負担になり、アレルギー反応を起こしてしまう子もいるようです。

 

病院の先生には、3カ月頃からという方や、6カ月頃までは日焼け止めをつけない方が良いと言う先生もいるようです。

 

心配な方は6カ月以降に使うようにしましょう。

 

6カ月までは紫外線対策は必要ですが、日焼け止めを塗る以外の方法で対策するようにしてください。

 

 

 

赤ちゃんに日焼け止めを塗りたくないママ必見!日焼け対策グッズはコレ!

 

 

日焼け止めを使わない方がいいのは分かったけれど、どんなものを使ったらいいか分からなくて悩む人は多いと思います。

 

日焼け止めを塗らないで紫外線対策するにはどんなグッズを使ったらいいのでしょうか。

 

簡単に使える、簡単にできる紫外線対策グッズをまとめていきたいと思います。

 

 

帽子や衣類で紫外線を防ぐ

 

帽子はつばの広いものを選んで、かぶせるようにしましょう。

 

つばの大きい帽子をかぶせることで、赤ちゃんの顔に当たる紫外線が6~7割カットできると言われています。

 

おすすめの帽子を紹介しますね。

 

この帽子はつばが広いので首のうしろもガードできます。

レビュー件数が640もある人気の帽子です。

 

 

 

 

衣類は長袖長ズボンにすることで、直接日光に当たらないようにして紫外線を防ぐことができます。

 

しかし、気温によっては熱中症の原因になってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

なるべく通気性のいい服を選ぶことも大切です。

 

 

日よけのついたベビーカーを使う

 

赤ちゃんと一緒にでかけるときにベビーカーを使う方も多いと思います。

 

そんなときには、帽子や服を工夫するのももちろんですが、ベビーカーの日よけを使ってください。

 

ベビーカーを購入するときには、日よけがついているものを選ぶようにしましょう。

もし持っているベビーカーの日よけが短い!

日よけがついていない!

という方もいると思います。

 

でも安心してください。

ベビーカーの日よけカバーだけ売っているんです。

 

 

マジックテープでつけられるので簡単♪

レビュー件数が419件の人気商品です。

 

 

抱っこの時は日傘を使う

 

出かけるときに抱っこ紐を使う方も多いと思います。

 

そんなときには、帽子を使うことも大切ですが、日傘をさすことで、さらに紫外線を防ぐことができます。

 

ちょっと荷物になると感じる部分もあるかと思いますが、赤ちゃんのために日傘を使うように意識しましょう。

 

おすすめの折りたたみ日傘はこちらの記事で紹介しています。

完全遮光で晴雨兼用のおすすめ折りたたみ日傘

 

出かける時間を考える

 

1日の中で紫外線が多い時間は、10~14時頃です。

 

それぞれの方の都合などもありますが、できるだけその時間を避けて出かけるようにしましょう。

 

晴れている方が紫外線が強いと思われがちですが、曇っていても紫外線が強い日があるので、注意が必要です。

 

 

 

まとめ

紫外線対策にはさまざまな方法があります。

 

赤ちゃんは肌が弱いので、6カ月頃までは日焼け止めを使わない方が良いと思います。

日焼け止め以外にも、紫外線対策の方法はたくさんあります。

 

帽子や衣類を工夫する、ベビーカーの日よけを使う、抱っこのときに日傘を使う、出かける時間を考えるなどです。

 

少しの工夫で紫外線対策をすることができるので、ぜひ試してみて欲しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
子育て 子育てグッズ
hoshinoakariをフォローする
これいいな♪あれもいいな♪
タイトルとURLをコピーしました